返済の方式

キャッシングでは、借りたお金である元金に利息をプラスして返済します。
このシステムは、どこのキャッシング会社を選んでも同じです。
元金と利息を、毎月の期日までに返さなければいけません。
しかし、基本は同じでも、キャッシング会社によって返済方式は異なります。
返済方式によってキャッシングの負担は大きく変わるので、それぞれのメリットとデメリットを理解しなければいけません。
どれだけ借り入れても毎月の支払額が一定になるのが、リボルビングシステムです。
借入金額が増えても、毎月の支払額は変わりません。
しかし、支払額ではなく期間が延びてしまいます。
期間が延びるほど利息の額も増えるので、必ずしも得だとはかぎりません。
このリボルビングシステムには、定額リボルビング方式、定率リボルビング方式、残高スライドリボルビング方式などがあります。
元利均等返済や元金均等返済も、リボルビングシステムと同様に一般的です。
それぞれ言葉は似てますが、負担や内容は大きく違います。
総額だと元利均等の方が負担が大きく、借入当初なら元金均等の方が負担は大きくなります。
このほかにも、キャッシングの返済方式には、アドオン方式や繰り上げ返済などが用意されています。
どの方法を選ぶにしても、キャッシングを返していく計画に大きな影響を与えます。
それぞれの方法のメリットとデメリットについて把握して、分らないことがあれば相談をしながら決めていきましょう。